歯科で定期的にクリーニング!必要かどうかを検査で判断

黄ばみや黒ずみを除去

歯科助手

綺麗な白い歯に憧れを持っているという人は少なくありません。なぜなら、歯の黄ばみや黒ずみがあると不衛生な印象を周りの人に与えてしまうからです。歯の黄ばみや黒ずみの原因というのは加齢や色が残りやすい物の飲食、タバコなどです。これらを口にすることで少しずつ色が歯に染み付いてしまうのです。そんな黄ばみや黒ずみを綺麗にして白い歯を手にしたいという人は亀戸にある歯科でホワイトニング治療をしてもらいましょう。ホワイトニングというのは、過酸化水素や過酸化尿素を使った薬剤を歯に塗って光を当てて白くするという治療方法です。薬剤を塗布して光を当てると、歯に染み付いた色を分解して落とすことができるのです。亀戸の多くの歯科でオフィスホワイトニングがおこなわれています。このオフィスホワイトニングというのは歯科へ行って、医師に薬剤を塗布してもらい治療を行なう方法です。オフィスホワイトニングを1回行なうだけでも、今までの歯より数段上の白さを手にすることができるでしょう。濃度の高い過酸化水素が主成分の薬剤が使われることが多く、そのおかげで即効性に優れているのです。ただ、その白さは持続しにくいので、定期的に亀戸の歯科でオフィスホワイトニングをすることで白さを保つことができるでしょう。
また、亀戸にある一部の歯科では自宅で薬剤を塗布するホームホワイトニングを選択することができます。ホームホワイトニングでは濃度の低い過酸化尿素の薬剤を使うことができ、自分でマウスピースに薬剤を流し込んでケアをします。